403エラー

403エラーForbiddenが出て困るので原因を調べてみたら沢山あった

403エラーForbiddenが出るので困って調べたら色々な原因があったのでまとめてみました。
投稿日: 2015/11/01
最終更新日: 2015/12/29
 

403エラーForbiddenの原因は

どんなサイトでも発生するエラーですが、あまり気持ちのいいものではありません。
原因と対応方法についてまとめています。

エラーの原因

403エラー Forbiddenは、サーバーからのアクセス拒否を意味します。CMSを使ったWordPressなどのサイトに多いエラーですが、フルスクラッチのサイトにも起きるエラーです。

エラーは、だいたい4パターン。
下記がエラーの原因となっているケースです。

  • ドメインの設定(DNS設定)をしていない
  • アクセス数が爆上がりしてサーバーから制限されている
  • パーミッション(権限・属性)の設定ミス
  • .htaccessの設定ミス
  • サーバー側(サーバー運営元)の障害や問題発生
  • WAF設定問題

閲覧者の立場から見ると、なぜエラーが出ているのか分かりません。見たいサイトが見れない場合は、とりあえず時間を置いてリロード(再度アクセス)するか諦めるかの2択になります。

サイトの運営・制作者であればサーバーやプログラムの問題を疑い対応して下さい。

問題が発生しやすいケース

正常に稼働していたのに403エラーを出すケースは少ない気がします。エラーを出すケースとして幾つかパターンがありますのでご紹介します。

WordPressでの問題・対処

WordPressをルートディレクトリ以外にインストールしたとき、403エラーが発生することがあります。
ルートディレクトリにインストールし直したら解決しますが、どうしてもルートディレクトリだと嫌だという場合は、下記のサイトでやり方を詳しく紹介されています。

WordPress自体はサブディレクトリにインストールしつつ、ウェブサイトのトップページをルートディレクトリで表示する方法

ロリポップのWAFでの問題・対処

ロリポップのWAFの設定をすると403エラーが発生することがあります。
管理画面でWAFのログを見て下さい。弾かれた時間のログがあればWAFが問題です。

対処方法は、WAF設定を切るか、WAFをONの状態でも閲覧できるように手を加える必要があります。

ロリポップ上のWordPressをWAFで防御する方法

上記のサイトで詳しく紹介されています。

まとめ

403エラーForbiddenが出るケースは様々ですが、大体がプログラム・サーバーの問題です。時折、共有レンタルサーバーなどで大きなアクセスを集めてしまいアクセス制限されてしまうこともありますが、殆どの場合、一定時間が過ぎると解除されています。Analytics(リアルタイムアクセス解析)などを確認して403エラーが出てるのにアクセスがポツポツある場合は、サーバー側のアクセス制限の可能性があります。

1日経っても回復しないようでしたら、内部の問題で間違いないでしょう。

 
最新情報をお届けします
筆者のご紹介
角政典@moreiic
真性のお家大好きフリーランスです。プログラムよりご飯の方が断然好き!博多出身のデブデザイナー。インドアだけど遊んでくれる人募集中!
Twitter / google+
よく検索されてる記事