エクセルで経過した週数を一発で計算する式

エクセルで経過日数をだす計算式をご紹介!ついでに経過日数や経過月数も簡単に出せるので併せてご紹介しています。1行だけの簡単式です。
 

エクセルで日付を管理していると、起点日と今日で比較して何日経過しているのか、何週経過しているのか気になることもあると思います。たとえ気にならなくても、上司から何週経過しているか教えてくれたまえ!と凄まれることもあるでしょう。

エクセルで経過週数を出す方法

こんな感じで経過した日数や週数、月数を表示することが出来ます!エクセルは有能です。めっちゃ簡単な計算式で出してくれます。

上の画像を参考に計算式を掲載しています!

 

エクセルで経過週数を計算する式

経過した週数を表示する計算式です。

=DATEDIF(A4,B4, "D")/7

A4セルには、起点日が指定されています。比べたい日(測定日)をB4セルで指定して、経過日数(D)を計算した後、7で割って経過した週数を計算しています。小数点が出ますが丸めて表示すれば問題ないでしょう。

エクセルで経過日数を計算する式

経過した日数を表示する式です。

=DATEDIF(A4,B4, "D")

週数で説明した事と同じです。たったこれだけで経過日数を計算することが出来ます。

PHPフレームワーク Laravel入門
\3,240-.
いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~
\1,944-.
PHP+MySQLマスターブック
\2,916-.
詳細! PHP 7+MySQL 入門ノート
\3,218-.
初めてのPHP
\3,240-.
PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)
\3,024-.

エクセルで経過月数を計算する式

経過した月数を表示する式です。

=DATEDIF(A4,B4, "m")

経過日数から経過月数に変わるので、Dをmに変更するだけです。めちゃくちゃ簡単ですね。

 

まとめ

一行でパッと出してくれるのがありがたいですね!ちょっと面倒なのは、コピペすると指定していたセルがズレてしまうことです。そんなときは、ずらしたくないセルにカーソルを合わせてF4を押してみましょう。今回の例で起点日を固定したい場合「A4が$A$4」になればセルが固定されます。ちょっとした小技です。

投稿日: 2017/09/30
 
筆者のご紹介
角政典@moreiic
真性のお家大好きフリーランスです。プログラムよりご飯の方が断然好き!博多出身のデブデザイナー。インドアだけど遊んでくれる人募集中!
よく検索されてる記事