internal_server_error_500の原因

headerの記述ミスでinternal server error 500が発生!意外と盲点なので注意です。

internal server error 500が出たので原因を調べてみました。一般的な原因ではなかった私は本当につらい調査だった。phpの記述のミス。
投稿日: 2012/09/12
最終更新日: 2015/12/29
 

internal server error 500の一般的な原因

internal server error 500の原因

internal server error 500

CGIやPHPを使って不正終了すると「internal server error 500」が発生します。
一般的な原因は下記が挙げられます。

一般的な原因

●.htaccess に php_falg, php_value を使用している。
●指定されたページの CGI が異常終了している。
●指定されたページの CGI のパーミッションが間違っている。
●指定されたページの CGI が間違ったモードで転送されている。
●転送モードを間違えている
●命令文の終わりの 「 ; 」 が抜けていたりするミス

原因を検索してみると、こんな感じの情報が検索すればバンバン出てきます。
でも、今回の原因はコレじゃないみたい。
以前作ったソースコードのコピペ流用で、流用元は正常に動いているので。

サーバーのエラーか?php.iniの問題か?

「internal server error 500 原因」などで、
ボチボチ検索しているとphp.iniの設定とかいう記事がバンバン出てくる。
.htaccessなどの設定にも問題。

解決方法は下記みたい。

php.iniのデフォルトの設定がONになっているので、OFFになってるならONにする。
「 display_error=on 」

でも、このような設定をした覚えがありません。

私の原因を発表!ヘッダーの記述ミスだった!

internal-server-error-500の一般的な原因

パーミッションやCGIの挙動がおかしい・php.iniの設定・.htaccessの設定などの問題は無いようなだし・・・問題はどうやら・・・私のようだ。

ヘッダーの記述ミスでinternal-server-errorが出ます

ヘッダーの記述ミスだった。

正しい記述例:

header( 'location:~.php' );

phpで処理をした後、ヘッダーでページ移動させていたわけです。
そのロケーション記述にミスがありました。

というより、ロケーションの記述をしてませんでした・・・
location:が無かったのです。ケアレスミスでした。

ってことで、headerの記述をミスってもエラーが出ます!
一つ賢くなりました。

 
最新情報をお届けします
筆者のご紹介
角政典@moreiic
真性のお家大好きフリーランスです。プログラムよりご飯の方が断然好き!博多出身のデブデザイナー。インドアだけど遊んでくれる人募集中!
Twitter / google+
よく検索されてる記事