頭痛を治す頭痛解消5つのステップ

頭痛持ちが実践する頭痛を治すための5つのステップ!

つらい頭痛を5つのステップで直してしまう、頭痛解消法法をご紹介しています!ほんとうによく効く頭痛解消テクニックです。
投稿日: 2013/04/27
最終更新日: 2015/12/29
 

物心ついた頃から頭痛持ちの私が紆余曲折しながら、たどり着いた頭痛解消方法をご紹介します。

頭痛を知らない方には分からないあの痛み、本当に何もできなくなりますよね?
目が開けられない、話せない、寝れない、常に痛みを感じ続けなければならない苦痛タイム。

長年、頭痛と共に生きてきましたが慣れることなどありません。
そんな中、度々おとずれる頭痛を分析して鎮静するまでのデータを蓄積し
ついに頭痛の解消法を発見しました!辛い痛みをなるべく短期間で抑えこむ方法です!

ぜひ、ご活用下さい。

5つのステップで痛みを和らげ解消する

  • ゆっくり落ち着いて呼吸する
  • 姿勢を正しくして脱力する
  • とにかく水を飲む(温かいお湯/白湯)
  • お腹が空いてるなら食べる
  • 体温を上げる(保つ)&入浴

この5つのステップで頭痛が劇的に解消します!
頭痛持ちには必見の内容となっていますので、熟読して損はありません!

ステップ1 ゆっくり落ち着いて呼吸する

深呼吸

頭がいたいとき、息を止めたりすると一時的に痛みが落ち着くことがあります。
でも、これは止めたほうが賢明です。
呼吸を止めることで、血流が悪くなったり、血圧が上がったり頭痛の原因をあと押しすることになるためです。

多少、深めの呼吸をゆっくり落ち着いてリズムよく行いましょう。
止めたり、浅く早く呼吸するといつまでも頭痛を引きずってしまいます。

ステップ2 姿勢を正しくして脱力

姿勢をよく正しく呼吸する

姿勢を正しくして脱力します。
姿勢が悪いと血の巡りが悪くなります。
猫背や足を組んだりせずに正しい姿勢で脱力するようにして下さい。

ステップ3 とにかく水分補給!できれば白湯(お湯)を飲む

お湯で身体を温めて頭痛を解消

頭痛の原因は様々でコレと断定するには個人差があり難しいところですが、血流が悪いのはよろしくありません。お風呂に入ると頭痛が和らぐ場合は「緊張性頭痛」の可能性が高いので白湯は効果的です。

水分を補給して血液がドロドロにならないようにしましょう。お湯(白湯)が良い理由は身体を冷やさないためです。
身体が冷えると血流が悪くなります。水分補給しながら、体を温め血の巡りを良くしましょう。
コップ一杯の水なら、電子レンジで3分も加熱すればOK。
白湯がどうしても味気ないのでしたら、煎茶でも大丈夫です。

ステップ4 お腹が空いているなら食べる

空腹は頭痛のもと

「頭が痛いときに食欲なんてない!」とても良くわかります。
でも、空腹は血行を悪くしてしまうのです。

ガッツリ食べなくても大丈夫、身体に負担がないような温かい食べ物が適切です。
(おかゆ・スープ・うどん…など)
もし、難しいならカロリーメイトなどの栄養補助食品でも大丈夫。
お腹が空いている状態はなるべく避けるようにしましょう。

ステップ5 体温を上げる&保つ&入浴(最重要)

お風呂で身体を温めよう

このステップが最重要ポイントです!
頭痛がひどい時にお風呂に入ると痛みが和らいだことってありませんか?
私もそうなんです!頭がいたいときにお風呂に入ると、しばらく楽になるんですよね?
ただ、注意が必要です熟読して下さい。

急激に暖めないこと

血圧が上昇して痛みが増します。ぬるいお湯から徐々に温度を上げて下さい。

入浴中は全力でリラックスすること

身体の力を抜いて全身の血行を良くするようなイメージをして下さい。
シャワーでも大丈夫!身体の血行を良くして体温を上げるような工夫して下さい。

頭を洗うときにはマッサージを意識する

ヘットスパをイメージして頭の血行を良くしてあげましょう!

入浴前、入浴後は水分補給

暖かいお風呂に入ると冷たいものが飲みたくなると思いますが、
ここは頭痛のため暖かいお湯を飲みましょう!

汗が出てしまうので、なるべく多くの水分を補給することを心がけます。
身体に水分が少ないと頭痛が治りません!

入浴後は体温が下がらないように

温まったからといって扇風機やエアコンを付けないで下さい。
体温は維持して汗が出るなら水分補給しながら自然に落ち着くのを待ちます。

実はこの記事を書いている最中は頭痛発症中でした!

頭痛の中執筆中

実は上記の頭痛解消ステップ5を終え、この記事を書き始めました。
頭の痛みも和らぎ、汗だく状態でガンガン水分補給(白湯)しながらボチボチ書き始め
時間にして30分ほど経過したでしょうか・・・
痛みはもう殆どありません!

最後の仕上げに頭痛薬を飲むのもアリだと思います!私は飲む派です!

注意は、ここで調子に乗ると再発します(笑)
完全に痛みが取れるまで白湯でも飲みながら安静にしておきましょう!
ぜひお試し下さい!感想お待ちしています!

 
最新情報をお届けします
筆者のご紹介
角政典@moreiic
真性のお家大好きフリーランスです。プログラムよりご飯の方が断然好き!博多出身のデブデザイナー。インドアだけど遊んでくれる人募集中!
Twitter / google+
よく検索されてる記事