GPU高速処理

Adobe Premiere Pro CCでGPUが使えない!グラボのドライバーを最新にしろとか言われる!解決方法

Adobe Premiere Pro CCでGPU高速処理が使えなくなったので、ソフトをダウングレードして対応したけど、結局NVIDIAのドライバーをダウンロードしてインストールして解決した
投稿日: 2016/11/04
 

Adobeソフトがアップグレードしてグラフィックボード(GPU)が対応しなくなってしまうことがある。動画編集などではグラフィックボードが使えないなんて死活問題になる。早急に対策したい!

ちなみにGPUは、「Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット)の略」です。

GPUを使えるようにする方法は2つ

GPUを使えるようにする対処は2種類。

  • Adobeソフトをダウングレードする
  • GPUのドライバーを最新のものにする

これまで使えていれば、ソフトのダウングレードで対応できる。ただGPUを最新にするほうが未来があるような気もする。好きな方を選んで対処したい。

Adobeソフトのダウングレード

Adobeソフトのダウングレードの方法

Creative Cloudのページを開いて「最新バージョン」をクリック。すると、下の表示が「開く」から「インストール」に変化する。

Adobeソフトのダウングレードの方法

Premiere Proのインストールの横にある矢印をクリックして、ダウングレードしたいバージョンを選択。

これでOK!

GPUのドライバーを最新のものにする

NVIDIAのドライバーの場合、セキュリティソフトやファイアーウォールで弾かれてしまうことが多い。セキュリティをOFFにして更新すればインストール出来る場合もあるが、私の場合はうまくいかなかった。

そこでNVIDIAの公式サイトに行き、直接最新のドライバーをダウンロードして更新!自分のグラフィックボードの型番を調べておくように!

http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

これだと弾かれずに正常にインストール出来た。

レンダラーにGPUが使用できているか確認する

PremiereProのGPUが使用されているか確認

メニューのファイル→プロジェクト設定でレンダラーにGPU高速処理が使用されているか確認することが出来る。

GPU高速処理が選択されているか確認

まとめ

アドビソフトのアップグレードでこれまで使えていた物が使えなくなるケースはよくあるので、ダウングレードの方法は知っておきたいですね。

他にも、セキュリティソフトの影響でドライバーがインストールできないなどの問題もあるので、セキュリティソフトをいじらず対処する方法も知っておくと便利!

今回は、Adobe Premiere Pro CCでGPU高速処理が使えない!トラブルをドライバーを直接ダウンロードしてインストールすることで回避できたよ!

 
最新情報をお届けします
筆者のご紹介
角政典@moreiic
真性のお家大好きフリーランスです。プログラムよりご飯の方が断然好き!博多出身のデブデザイナー。インドアだけど遊んでくれる人募集中!
Twitter / google+
よく検索されてる記事