googleplusic

Google1+ボタンの設置方法についてのまとめ 主要SNSサイトのソーシャルボタン-その1

ソーシャルボタンの設置方法について。google+ボタンをサイトに載せる方法です
投稿日: 2012/02/23
最終更新日: 2015/12/29
 

サイト運営で一番気になるのは反響(リアクション)。
アクセスがあってもリアクションが無いとbotの徘徊か?などネガティブになります。

サイト運営している限り、サイトをもっと知って欲しいし
それに対してのリアクションも欲しい!

当たり前ですよね?

それなら、最低限しておかなきゃならんのが有名所のSNSの活用です。

SNSの活用って…なに?

ソーシャルネットワーキングサービス(英: social networking service、SNS)は
Facekbookやtwitter/Google+などを代表とする
ネット上でのコミュニケーション(ネットワーク)スペースですが
利用者数もグングン伸びており、今やWEBマーケティングでは欠かせない要素となっています。

具体的に何すんの?

SNSの活用といっても幅広く全部実施するには、かなりの労力が必要です。
その中でも最も手軽で効果の上がる可能性が高い方法をご紹介します!

ソーシャルボタン

ソーシャルボタンは、SNS各サービスが用意するボタンで
そのボタンを押すことでSNS上にそのページやサイトのリンクや説明を
手軽に載せることができる素敵なボタンのことです。

具体的にはコレです!

ソーシャルボタン

デザインは各ボタン数種類ありますが、このボタンの設置が今回のテーマ。
それでは、一つずつサッサッとご紹介しましょう!

Google+(プラス)ボタンの設置

Google+ボタンの設置

Google+(プラス)ボタンの設置です。ちゃんと公式で用意されているので
作るのは簡単です!

まず下記のURLにアクセスして下さい。

Google+ボタンの設置:
http://www.google.com/intl/ja/webmasters/+1/button/index.html

Googleプラスボタンの設定画面

ボタンのデザインが決まったら、詳細オプションでURLの設定をします。

Google+1ボタン詳細オプション

URL以外の設定はデフォルトで問題ありません。
最下部の「+1ボタンの対象とするURL」の欄にページのURLを入力します。

注意:
+1して欲しいページのURLとなります。
ブログなどでは、ページごとのURLを自動で埋め込む必要があります!注意して下さい。

変更するたびプレビューされるので確認も簡単で素敵ですね。
設定が完了したらテキストボックス内にあるソースをページに埋め込みましょう!

Google+1ボタンソース

<!-- この render 呼び出しを適切な位置に挿入してください -->

もし、Google+1ボタンをページ内に複数設置したとしても
このコメントアウト以降のソースは各ページに1つで大丈夫です。
設置場所は・・・どこでも良いみたいです。(私のはフッターでも動いていますw)

これで、Google+1ボタンの設置はOKですね?

各ページのURL指定ってどうやんだよ!

注意で書いておきながら、各ページのURLを取得する方法については
説明していないので・・・以下のページを参考にして下さい!

現在表示中のページURLを取得する方法!PHPで取得する方法とWordPressで取得する方法!http://www.promeshi.com/archives/376
 
最新情報をお届けします
筆者のご紹介
角政典@moreiic
真性のお家大好きフリーランスです。プログラムよりご飯の方が断然好き!博多出身のデブデザイナー。インドアだけど遊んでくれる人募集中!
Twitter / google+
よく検索されてる記事